HOME > 海での王者恐竜

海での王者恐竜

恐竜時代でも海には他の生物もいたとされています。しかし、地球の王者であった恐竜が海でも王者だったのです。海での恐竜は首長いのが特徴的でした。海での適応していくのに手足には鋭い爪はなくヒレへと変化していった。水棲の恐竜は、世界各地で発見されていることから地球の陸は昔は違っていたという説が浮上したのだと思われます。

ティロサウルス

ティロサウルスはモササウルス科でも最大級で、長い尾とヒレ上の四肢と強力な顎を持っている。尾は薄く縦に長いので、左右に振って泳ぐのに…

アーケロン

アーケロンは全長が4メートルを超える超大型のウミガメだ。さらに前のヒレ脚を横に広げると、その幅は5メートルにも及ぶ。現代のカメは最…

フタバスズキリュウ

日本近海に生息していた首長竜で日本各地で化石が発見されている。日本で始めて発見された首長竜の化石で、発見した鈴木氏の名から「フタバ…

リオプレウロドン

当時のヨーロッパに生息していたリオプレウロドンは、食物連鎖の最上位にいたため、海のティラノサウルスと呼ばれた。全長は10メートルほど…

プレシオサウルス

プレシオサウルスは、クビナガリュウで知られる長頸竜のうち、最も初期に出現したものだ。クビナガリュウは、首がヘビのように長く、胴体は…

イクチオサウルス

イクチオサウルスは、ジュラ紀に生息していた水棲爬虫類だ。化石はアメリカやヨーロッパなど広範囲で発見されており、保存状態の良いものか…

オフタルモサウルス

オフタルモサウルスはジュラ紀に世界中の海に生息していた魚竜の一種。なにより特徴的なのは、直径20センチメートルほどにも及ぶその目…

ダンクルオステウス

恐竜時代よりも昔、古生代には現在では絶滅した魚類「板皮魚類」がいた。板皮魚類は頭部と胸ビレ付け根付近が厚い骨の板で覆われた魚だ…

エラスモサウルス

エラスモサウルスは世界で最も有名な首長竜の1匹です。首長竜は亀のような胴体に長い首を持っているのが特徴的な恐竜です。エラスモサウ…

↑ ページの上部へ