HOME > 哺乳類の祖先

哺乳類の祖先

恐竜時代から哺乳類はいたとされています。しかし、恐竜時代はまさに恐竜が地球の王者として君臨していました。その王者の影におびえながら哺乳類の祖先は生き抜いていました。中には小型の恐竜とも戦っていた哺乳類もいたとされています。恐竜の絶滅まで耐え抜いていたのが哺乳類の祖先なのです。

エクサエレトドン

キノドン類は私たち哺乳類の祖先で、ペルム紀と三畳紀の間に起きた大量絶滅を生き抜いた種だ。ワニ類や恐竜類が登場し始める三畳紀中期まで…

チニクオドン

チクニオドンは小型だが、体格は大きく獰猛な捕食者だ。頭も大きく、下あごはひとつ骨でできている。顎や歯の特徴はエクサエレトドン同様に…

エクテニニオン

エクテニニオンはキノドン類で、近縁とされるほ乳類によく似た特徴を持っている。エクテニニオンはキノドン類の中でも原始的なタイプだと…

プロベレソドン

キノドン類の歯は哺乳類と非常に似ているために、発見当初はほ乳類と考えられていた。特にプロベレソドンはキノドン類のなかでも特に現代の…

イスチグアラスティア

イスチグアラスティアが分類されるディキノドン類は、獣弓類というほ乳類の祖先にあたるグループで、小型から大型までさまざまな大きさの植…

エオゾストロドン

エオゾストロドンは恐竜時代の幕開けである三畳紀後期に登場した最初期のほ乳類。恐竜類が繁栄していく一方で、恐竜が活動しない夜間にひっ…

レペノマムス

恐竜が栄えた時代のほ乳類といえば、十数センチほどのネズミのような姿で、夜間にひっそり暮らすというものがほとんどであった。しかし、近…

ディメトロドン

ディメトロドンはほ乳類の祖先である単弓類のうち最も古いものだ。 そのうちさらに盤竜目という分類になるが、これは恐竜とは関係なく、時…

↑ ページの上部へ